トップイラスト
スポンサーサイト

スポンサーサイト

EDITOR:スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.01.13 Friday  | - | コメントLv.0 | トラバLv.0

インセプションが面白すぎた件

インセプションが面白すぎた件

『インセプション』見てきました。

……今まで見た映画でNo.1かもしれない!

めちゃくちゃ面白い!
もう、直球ど真ん中でした。

というか、ね。

電撃用に昔書いてた小説とほぼ一致したwww\(^o^)/
2008年の記事に
OneNoteで小説プロット作り
ってのを書きましたが、これに小さく載ってるやつです。
夢を共有して、夢の中のさらに夢の中に入ったりして、
そして「ソウゾウリョク」を盗むという話でした。
インセプションの「アイデア」を盗むという発想を
「ソウゾウリョク」に置き換えると、まさに一致しますwww
しかも結末までかなり似てて、鳥肌モノでしたよw
(まぁ自分のは学園モノでしたが。。。)
右上に面影がありますが、図まで描いたり、いろいろ構想を練ってたのに……!w

小説は半分くらいで力尽きていたんですが、
このネタは自分の温めているものの中でもかなりお気に入りで、
何度も友達にもアイデアを相談したりしてて、
いつかゲームとか別の形ででも絶対完成させようと思ってたんですよねぇ。

無念です……!
でもインセプションは本当に面白かった。
自分には逆立ちしてもここまで面白くはできなかったですね。すごかった。



でもこういうのがあると、すごく不安になるんですよね。
今回はたまたま映画を見に行ったからこういう作品が世の中にある、
って知り得たわけですが、世の中には知らない作品のが断然多いわけで。

単純な世界観の話の場合は被ってもストーリーとかでカバーできますが、
これくらい複雑な世界観の話だと、
やっぱり被ったら「パクリ」だと言われちゃうわけですよ。

SFって難しい……!



Web拍手お返事溜まっていてすみません><

> ユーマを抱きしめてプレイしました。フリーソフトでこのクオリティ、感服です!!気になったのですが、実際に北海道までロケハンに行ったんですか?
まさかw 北海道には行ってません。
行こうかと思った時もありましたが、さすがにフリーゲームでは……w
ネットの写真などを参考に、想像で描いています。

> ずっと楽しみにしていました^^なんかダウンロード遅いですね。。...
ご迷惑をお掛けしました。
ベクターさんに登録しましたので、もう大丈夫かと思います。

> 最近ブログ更新が少なくてさみしいなぁ 長文ブログから短文ツイッターに時代は変わっていくんですかね
うぅすみません! そう言って頂けると嬉しいですw
ブログを書くとなると推敲なども必要ですし相当量の時間を消費してしまうので、
最近はもっぱらついったーですねぇ〜……

> ユーマ…あっ…まだやってなかった…
\(^o^)/

> サイト制作がんばってくだしい〜!
がんばります!

2010.08.24 Tuesday 00:45 | アニメ・映画 | コメントLv.0 | トラバLv.0

夏クールアニメの感想と今期アニメのry

夏クールアニメの感想と今期アニメのry

毎クール、アニメが最終回を迎えて新作が始まる度に思うことがあります。
「(3ヶ月はええええ〜……)」
いやはや、もうあれから(けいおんが終わってから)3ヶ月ですか。うひゃぁ〜……。

えーと。
前クールの見ていたアニメを一応消化し切ったので、感想をば書き記しましょう。


『東京マグニチュード8.0』
地震アニメ……? という点はともかく、異常に泣けるから良し。
いや、もうこれはヤバイから多くは語らないっす。
とにかく最終話は涙量がクラナドアフターを超えました。
アニメ好きにもそうでない人にも、間違いなく前クール1番のオススメ作です!


『化物語』
まぁ、2作同時に制作したら、まぁ、こうなるよね^^;
いろいろ大人の事情を知ってしまうと、批判もできないw
最終話は割りとよかったです。音楽と色彩は秀逸。
お疲れ様でした(´▽`)


『狼と香辛料供
1期と完全に同じ感じでしたね。
最終回の締めはあまり見ない珍しいタイプで、惹きつけられました。
映像が割りと美しい。


『CANNAN』
クオリティは高い。けれど、突き抜けていく感じはない。
シリーズ構成脚本・岡田磨里、P.A.WORKS制作ということで
過剰な期待をしていましたが、その期待には届きませんでした、ってところですかね。
別に悪い作品ではないです。


『懺・さよなら絶望先生』
もう安全コース、無難にって感じ。
ここにきて、意外とハマってきたから困る。


『シャングリ・ラ』
あーあ、って感じ。最後はもうなにがなんだかwww
この話はあんな意味不な超展開はいらないので、
炭素指数とか独自の要素をもっと上手く使いこなして欲しかったなぁ。
ほんとGONZOはやり過ぎて自爆コースばっかだ。


『涼宮ハルヒの憂鬱』
3クール目突入きたこれっ
エンドレスエイトで散々叩かれましたが、DVDを揃えている人はともかく、
個人的には無料で見れるんだから別に良いじゃないか、って思うんですよね〜。
毎回、脚本担当も違うし、画面構図も凝ってたり色彩設計も違っていて、
そういったところを楽しめればけっこう面白いんですけどね。
なんだかんだで、リアルの時期と作中の時期を
合わせるための演出でもあったようなので、私的には天晴れって感じです。


『うみねこのなく頃に』
原作はやってませんが、
推理アニメとしてはやり方がとても斬新で、感心し切りです。
でもまぁ、むちゃくちゃ過ぎるので推理もクソもry


『青い花』
すみません、途中で切りました。
クオリティは1位2位を争うものだったと思いますが、
やっぱり自分は百合より冴えない男がレベルアップしていく話のが好きだわ。


『宙のまにまに』
こちらも途中でry
テンポも良いし、ラブコメアニメとしてはなかなか優秀なほうだと思いましたが、
でも悪くないけど、普通すぎて、展開的にも特段の魅力がなくて、
要するに面倒臭くなってしまいましたw



今期は……

・生徒会の一存
・とある科学の超電磁砲
・WHITE ALBUM 2nd
・君に届け
・11eyes-イレブンアイズ-
・テガミバチ

この辺りに注目。
とりあえず1話を見たところ、、、


『生徒会の一存』
シリーズ構成・花田十輝ということで……
いやいや京アニパロディ多すぎwww 構図とかまで京アニw
早くもかなり切りそうなレベルw


『とある科学の超電磁砲』
インデックスは最初と最後の2話しか見てないけれど、まぁ見られるね。
クオリティの高さはさすがJ.C.STAFFということで、なんの心配も要らなそう。
でもどうも声優陣が馴染まないんだよなぁ;


『WHITE ALBUM 2nd』
1期から半年間が空いたので、ちょっとおさらいしてから見ました。
何だかんだで、今回見た4本の中では一番引き込まれたwww
そして相変わらずOPは激ムズw


『テガミバチ』
雰囲気に誘われて見てしまったのですが、残念ながら切ることになりそう。




WEB拍手どもです〜

> 就活なんて嘘だよね?ね?...
ガンバレw 上手くやれば意外と余裕!w
何が面倒かって、スーツ着てあちこち電車で出向くことが一番の苦痛w

> 「精神的に解放」...
大袈裟な表現ですが、でもやっぱりしっくり来ますw

2009.10.05 Monday 02:19 | アニメ・映画 | コメントLv.3 | トラバLv.0

サマーウォーズ見てきた!

サマーウォーズ見てきた!

おーけー、これぞ日本が誇るアニメ映画。わっしょい、細田監督!

8月に入ってまだ2週間だと言うのに、
すでに4回(5日)もまんねんろうさんと会ってるとか凄い事態が起きているのですが、
見に行って本当に良かった。




■ 以下、若干のネタバレを含みます。
これから見ようという方は読まない方が懸命です。


『ぼくらのウォーゲーム』で死ぬほど笑った私としては、まず、
最初の「90歳」ネタからツボって、その後思い出し笑いを堪えるのが大変だった。
間髪入れずに次のネタが飛んできたらどうしようかと冷や冷やしていたくらい。
細田監督はああいう些細な人間の生々しいやり取りの描写がホントに上手い。

見せ場が多すぎて、どこが1番だったとか言えないくらい素晴らしい映画だったのですが、
中でも敢えて1つに絞るとすれば、
おばあちゃんが亡くなったあと、縁側での家族たちの後ろ姿を
真横にゆっくり長々とパンしていく、とてもとても長いあのカット。
あのカットから、夏希と健二の手を繋ぐシーンへと繋がる一連の流れ、
それから再び横スクロールを続けて、静寂の中で喋り続けるテレビを捕らえるカット。
あのシーンは妙な鳥肌が立ちました。変な汗かいた。

そして単純に映像のクオリティもヤバかった。
初っ端から気持ち悪いくらい動いて動きまくるモブキャラ。
あの大家族の集合絵を描くだけでも一苦労なのに、
それがずっと動いているんだからタマンネエw
素人でも一目瞭然の凄さでしょう。
エヴァ破も駆け抜けるシーンとか背景動画とか凄くて感動したんですが、
でもこっちを見ちゃうと、
あの記憶が実は大したことなかったんじゃないかと思えてしまうくらい凄かった。
……それでも一番儲けてるのがポケモンなんだからタマンネェナwww

超絶クオリティ作動画のアクションシーンも凄いし、
なによりラヴマシーン最終形態の映像のおぞましさが格別。
あの無数のアバターパーティクルは劇場でなければ絶対に堪能できませんね。
パーティクル1つ1つの動きがまた凄くて、
めちゃくちゃ深い拘りが感じられるんですよね〜。
あれはレンダリングにいったいどれほど時間が掛かったのだろうw
なんかテクスチャに動画を使ったりしたらしいのですが、
恐らく一番苦労されたところなのではないでしょうかw

もちろん、100%というわけではないです。
ここがダメだった、と思う点はけっこうあります。
せっかく美味しいキャラしている侘助の「表面」の変転がイマイチ呆気なくて、
あそこはもっとフォーカスを当てて盛り上がらせて欲しかったと思うし、
中盤のギャグのだらけ具合は、やや『20世紀少年』のようなくだらなさを感じてしまったし
(実際、あの辺りで「なんかB級映画っぽくなってきたな」と見ながら感じてた)、
夏希が健二に惹かれていくシーンがもうちょっとあるとエピローグも自然になったような。
でも100点のものなんて絶対ないと思っているので、そういう問題じゃないですね。


いや、普通に5つ星の映画でしたっ。
早速、絵コンテ注文!w

サマーウォーズ 絵コンテ

2009.08.14 Friday 22:44 | アニメ・映画 | コメントLv.0 | トラバLv.0

ポケモン映画2009見てきた!

ポケモン映画2009見てきた!

昨日に引き続き、
今年の夏は、半端じゃない。

ということで、
昨日のメンバーに3人加えた、
大学生7人で、のこのこと映画館に行って参りました。

朝、大雨の影響で電車が30分ほど遅延して大遅刻。ホントに申し訳ない。。。
映画、予定していた回に間に合わず、次の回になってしまいました;;;

とりあえずピチューを貰った後、
ファミレスでぐだぐだ飯食いつつ、ポケモンしつつ、
って感じで、午後から映画を見たわけですが、、、


まぁ、ね。
まんねんろうさんは割りと満足だったらしいので、
よく分かりませんが、

個人的には、ワースト3には確実に入る出来でした(苦笑)。
もちろん、そのワースト3は近年の3部作になるわけですが。。。

なんかな。
ここ最近の湯山監督はどうしてしまったの、っていう感じ。
一生懸命ひねってひねって捻り出した演出、というのが微塵も感じられない。
とりあえず作ればいいっしょ、みたいな。
川で遊ぶ→ポケモンバトル→ディアルガ・ギラティナ登場→
パルキア登場→アルセウス登場→...
フローチャートに沿って映像化しただけのような、
行間もクソもない垂れ流しアニメ。
こんなので親が楽しめるわけがない。

映像に関しても、3Dが相変わらず浮いてるし、
外側ばっかり力を注いで、肝心なところが手抜きで。
機械に作らせたような映像。手作り感が全然ない。
あんな3Dより、色彩設計に拘りを入れて欲しいな。
ラティ兄弟の頃の洗練された映像はどこに行ってしまったのやら;;;

ダークライほどは酷くなかったけれど、
どうにも今回も、適当な映画だったなぁ、というのが正直な感想。
ポケモンサイトをやっている手前、あまり叩くのは良くないでしょうがw

子供に何のメッセージが伝わるというのか。
親も満足できて、そしてこの映画を子供に見せて良かったと
そう、心から思えるような感動大作を作って欲しいものです。
ポケモンというビッグタイトルを使っているんだから。。。



サマーウォーズ、見に行きたい……



WEB拍手どもですっ

> このお店・・・もしかして
残念っ違いますw UDX内の「ゆかり」というお店です^^

2009.08.10 Monday 22:20 | アニメ・映画 | コメントLv.4 | トラバLv.2

春期アニメの感想と夏期アニメへの展望

春期アニメの感想と夏期アニメへの展望

もう7月ですよ。
で、昨日気づいたんですが、1年間の後半の始まりって7月からなんですね!
いやぁ、ずっと6月だと勝手に思い込んでいました。
プログラム書いてると、何でも0からカウントする思考が頭にこびり付いていてw

さて、春期のテレビアニメも(1クールものは)一通り終わってしまって、
今月からは夏期アニメが始まるわけです。
んなわけで、春期に見ていたアニメのおさらいと、
夏期のマストアニメの洗い出しをしてみようかな、と。



で、結局春期に見ていたのは、
・けいおん!
・シャングリ・ラ
・初恋限定。
・涼宮ハルヒの憂鬱(2009年版)
だけ。

『けいおん!』はまぁアレだとしても、『初恋限定。』は想像以上に良作でした。
原作は1巻だけ読んでお腹いっぱいだったんですけれど、案外その後が上手かった。
打ち切りとか言われてましたが、実に勿体ない。
ジャンプで連載するには異色すぎたのが失敗の原因なんでしょうね。

でも、ジャンプで連載できることがどれほどの名誉なことか。
この前、友達と話してたんですが、
河下先生は美少女描かせたら日本で五本指に入る作画力ですよね。
週刊誌であれだけの安定した繊細な作画ができるのは、
そんじょそこらのイラストレーターとは訳が違います。
それを一切の崩れなくアニメ化してしまうJ.C.STAFFも凄いですが。。。

そう、J.C.STAFF最近やばくないか?w
いや昔からやばいけど、
クオリティの低いアニメばっかが放送されている今日の中で、
J.C.STAFFの俄然としたクオリティの高さは尋常じゃない。

ただ、友達も言ってましたが、J.C.STAFFの欠点はアクションシーン。
やっぱここの会社は、『とらドラ!』や『初恋限定。』に見るように、
日常を描いた、落ち着いたアニメが合ってると思います。
なんと言っても、J.C.STAFFの魅力は
作画の安定感と画面全体の雰囲気作りの上手さなんですよね。
かなり際どい構図でも、難なく熟してしまう作画力の高さ。
色彩・色指定も画面に馴染むように凝ってて、
一見でJ.C.STAFF制作だと分かってしまうほどです。

一方、『シャナ』や『インデックス』なんかは、
個人的にかなり駄作で、動きに迫力がないんですよね。
まぁ、『R.O.D』のような神アクションも作ってるから、一概には言えませんが。


で、正反対なのが『シャングリ・ラ』制作のGONZO。
今やすっかり悪名高き会社になりつつありますが、
意外にも友達がGONZOファンだったりします。
GONZOの作風を分かりやすく表すと、「前衛的」「前のめり」。
GONZOの魅力は、最新鋭の映像技術を多用した迫力ある映像コントロールです。
また、作画が崩れても尚も果敢に突き進む圧倒的な動画アクションは
一部のファンから根強い支持を受けているようです。
そして、必ずと言ってもいいほどやってくれる、作品改編。
GONZOが作ると、原作とは全く異なるオリジナルの展開になることで有名です。
原作ファンからはしばしば怒りの声が上がるのですが、
『N・H・Kにようこそ!』や『最終兵器彼女』のように素晴らしい出来になることも。

でまぁ、『シャングリ・ラ』なんですけど。
これ、2クールものということで、まだ続いています。ちょっと汗汗です。
OPを見る限りでは、GONZOならでは迫力映像で素晴らしいのですが、
本編の作画は、いつも通りだいぶ酷い回が多いです。
どうやら同時制作中の『咲』の方に優秀な人員が割かれているとか噂があって、
ここまでのところあまり見所がないのが残念。
背景美術は圧巻だけどね。あと、音楽も。

『シャングリ・ラ』があまり話題に登らない原因としては、
物語が難解、グロテスクな登場キャラクタが多い。ここかな、と。
今日のアニメ視聴者はどうにも『けいおん!』のように
直感的な快楽アニメを好む傾向が強いようで、
世界観の複雑さとか、そういう伏線に対する謎解きを楽しむ人たちが少ないみたい。
まぁ、『シャングリ・ラ』の構成はあまり上手とは思えないけれど。

2クール目に入ってようやく物語が動き始め、
前回の3DCGオンパレードに見るように、
アクションシーンが増えていく予感があるので、これから期待は持てます。





そして、お待ちかね夏期アニメ。
やばいよ、今期豊作すぎて死にそう。

とりあえず、あまりにチェックすべきアニメが多いので、
今のうちからランク付け、3つに分けました。

◆ マストアニメ

化物語

・化物語
http://www.bakemonogatari.com/
「西尾維新×新房昭之×シャフト」ということで、
今期最大の注目新作アニメに間違いありません! 以上!


CANAAN

・CANAAN
http://www.canaan.jp/
原案、キャラクタ原案にTYPE-MOON(Fate他)の奈須きのこ、武内崇の両氏。
そしてシリーズ構成に、『とらドラ!』『true tears』の岡田麿里氏。
そしてそして、アニメ制作に『true tears』のP.A.WORKS!
昨年『true tears』で京アニの再来を思わせる絶大な人気を獲得した
P.A.WORKSの制作元請2作目がいよいよ解禁とあって、注目度120%です。


涼宮ハルヒの憂鬱

・涼宮ハルヒの憂鬱 (2009年版)
http://www.haruhi.tv/fanclub/
春期から放送が始まった、ハルヒ再放送。
・・・と思いきや、すでにあっさり新作放送中。
『消失』に向け、期待大です。

ただ、やっぱり2期放送が遅すぎた感が否めませんw
しかも放送が非常にあっさりなので、どうにも盛り上がりに欠けるような。
あと1年早ければ、もっと話題性を獲得できたんじゃないのかなぁ。


◆ やっぱりマストアニメ

・狼と香辛料
http://www.spicy-wolf.com/
わっち2期!


・うみねこのなく頃に
http://umineko.tv/web/index.html
監督も制作会社も同じだし、
良くも悪くも『ひぐらし』と同じようなことになりそうな予感は漂う。


・懺・さよなら絶望先生
http://www.starchild.co.jp/special/zetsubou3/top.html
絶望先生3期。
新房監督、化物語と同時制作進行するらしいです。

( ゚Д゚)…

( ゚Д゚)…か、漢だ……



◆ それでもやっぱりマストアニメ

青い花
J.C.STAFF。


宙のまにまに
音楽CooRie!
一見駄作っぽいアニメでも、CooRieが歌を担当すると良作アニメじゃね。


よくわかる現代魔法
友達が見るっていうから。

2009.07.02 Thursday 17:49 | アニメ・映画 | コメントLv.3 | トラバLv.0

 
何が準備中なのかよく分かりませんが、とりあえずこれからも暫くはこの名前を掲げて日々ジャンルの安定しない無駄話を綴っていきたいと思います。リンクやコメントなど等初めての方も大歓迎!

プロフィール

新しい記事

記事検索

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

新着コメント

カテゴリー

過去ログ

リンク

Other voices-遠い声-
Tremor
ポケモン徹底攻略

そのた

前のページ 1 ページ 次のページ